0f433dd22907beaef0662fe06eeac076
Aranjuez5のレシピ徒然

小学生が校外学習中熱中症で死亡の件

2018/07/17 22:26 子ども くらし 家族 健康

京都は連日の38度超え。

 うん、いい加減しんどくなってきたねぇ。

 こんなことは今までなかったのだけど。

 で、全国的に熱中症の被害が増えている中で、愛知県の豊田市で、校外学習中の小学生が熱中症で死亡した件。

 当該小学校の校長、及び教育委員会の課長が会見で、申し訳ないとは言いつつも、今まで問題がなかったからとの発言。

 この日は高温注意情報が発令されていたのね。

 

 朝日新聞によれば、熱中症に詳しい兵庫医科大特別招聘(しょうへい)教授の服部益治さんは「過去に熱中症が起きなかったから大丈夫という考えは、捨てないといけない」と訴える。「命は他のなにものにも代えられない。高温注意情報が出たときは原則、炎天下の外に出ず、野外活動は中止すべきだ」と述べているね。

 小学生は体長も低いから、大人と比べて5度は温度差を加える必要があるとのこと。

 こんなの小学生の教育現場では常識なのでは?

 ところが、最近の小学校、現場もそうだし、教育委員会も含めて、いわゆる公務員体質。

 教育者としての自覚・熱意が欠けている輩が多くなっているね。

 本当の教育者なら、あのような発言は出ないはずなんだけど。

 今回の事例は一応グレーゾーンとして、明日から同様の事例が起これば、その教育関係者は保護者から殺人罪で訴えられてもしかるべきだと思うね。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください